>>今、一番売れている牛タンはこちら<<

自宅でバーベキューする時に必要なものは?トラブルを避けて楽しむコツ

家族でのレジャーの1つとして、自宅でバーベキューをして楽しみたい!という方は多いのではないでしょうか?

しかし、「ご近所の迷惑になるかも」「トラブルになったら嫌だな…」と思うとなかなか行動に移せないという方もまた多いと思います。

今回は過去にトラブルになった事例やトラブルにならないようにするためのマナー、そして迷惑にならないよう自宅でバーベキューを楽しむために必要なものについて解説していきたいと思います。

自宅でバーベキューは迷惑?近隣トラブルになった事例あり

自宅でバーベキューは迷惑?近隣トラブルになった事例あり
住宅街を歩いているとたまにお庭でバーベキューをしている家族を見かけることがありますよね。「いいなあ。自分もやってみたい」と考えたことのある方もいると思います。

しかし、やるなら近隣への配慮は絶対に欠かせません。過去には自宅バーベキューが原因で事件に発展した事例もあるのです。

騒音問題で刑事事件になった事例

2017年、岐阜県瑞浪市で庭で知人を招いてバーベキューをしていた男性が近隣に住む男に刺殺され、取り押さえようとした男性も怪我をするという事件がありました。

【出典:日本経済新聞 庭でバーベキューの男性、近所の男に刺され死亡 岐阜

殺人は到底容認できませんが、一方でバーベキューをする側も外部から人を招いたり騒音を発生させたりなど、近隣への配慮を欠いた行動は慎まなければいけません。

臭いや煙も度が過ぎると民事事件に

自宅でのバーベキューでトラブルになりえる要素は人数や騒音だけではありません。

食べ物を焼くことで発生する臭いや煙なども、「部屋に煙が入ってくる」「洗濯物に臭いがついた」などのトラブルに発展する恐れがあります。

また、こうした一見ささいなことも度が過ぎると「受忍限度」(我慢すべきレベル)を超過していると見なされる場合があり、警察の介入や裁判で不利になるなど大事になっていくリスクもああります。

【出典:ライブドアニュース 住宅地でのバーベキューに賛否、法的問題はあるのか弁護士に聞く

刑事にせよ民事にせよ、近隣への配慮は自宅バーベキューをするのに何より必要なものであることは間違いありません。

始める前に…注意しておくべき近隣への配慮・マナーとは


自宅バーベキューによる近隣トラブルは時に大きな事件に発展していきます。

それを未然に防止するためには、バーベキューを始める前段階から近隣への配慮・マナーに注意しなければいけません。

大人数でやらない・家族以外を招かない

いくら自宅・自分の土地とはいえ、大勢の人間を招くと大声や笑い声などの騒音の他、家に入り切らない車を路上に駐車してしまったりなどの迷惑行為に発展する恐れがあります。

自宅でバーベキューをするなら家族だけで、外部の人間と一緒にやるなら自宅を使うべきではありません。

迷惑にならない時間帯や天候を選ぶ

昼間は換気のために小窓を開けていたり、洗濯物を干している家がほとんどです。

そうした時間帯にバーベキューをしてしまうと近隣住民の部屋や洗濯物に臭いがつくリスクがあるため、換気している可能性の低い夜間や洗濯物を干さない雨の日などを選ぶようにしましょう。

始める前に近隣にあいさつしておく

近隣住民への事前のあいさつ、相談が自宅バーベキューでのトラブルを防ぐのに最も必要なものだと言っても過言ではありません。

あらかじめ話しておけば、「その日はずっと家いるから他の日にして」「事前に窓を締めておくね」など穏便に対策を話し合うことができます。

自宅で迷惑にならないようバーベキューするのに必要なものは?

自宅で迷惑にならないようバーベキューするのに必要なものは?
トラブルを防ぐためには当人の配慮・マナーだけでなく、使用する道具にもこだわる必要があります。

未然にトラブルを防いで自宅バーベキューを楽しむために必要なものとは、どのようなものなのでしょうか?

少人数なら小さな七輪がベスト

自分たち、要するに2〜5人程の家族だけでやるならば、大きなキャンプ用コンロではなく小さな七輪を使うのがベストです。

大きな物を使用するとその分炭も多くなり、煙や臭いも多く立ち上るようになってしまいます。また人数が少ないのに一気に焼いてしまうと食材が焦げてしまうので、自分たちが楽しむためにも小さな七輪を用意しておきましょう。

安全も大事!火消し壺を忘れずに

意外と忘れられがちですが、終わった後の炭を安全に処理するための火消し壺はマストアイテムです。

バーベキュー後の炭がいつまでもくすぶっていると無駄に煙や燃えカスが出る上に火災のリスクもあるので、トラブルどころではないレベルで迷惑をかける恐れがあります。

使った後の炭は火消し壷に移し、蓋を締めて酸素を遮断することで確実に消火しましょう。

自宅バーべキューまとめ

自宅バーべキューまとめ

  • 自宅バーベキューは近隣への配慮・マナーを欠くと思わぬトラブル・大事件に発展する場合もある
  • トラブルを防ぐには大人数でやらない・時間帯や天候を選ぶ・事前にあいさつしておくことが大切
  • 配慮・マナーだけでなく、小さな七輪・火消し壺といった道具も重要
せっかくの家族の楽しい思い出を、トラブルや事故、事件の悲しい思い出にしたくはありませんよね。

周りの迷惑にならずに最大限楽しめるよう、配慮や事前の準備をしっかりしておきましょう。