>>今、一番売れている牛タンはこちら<<

糖質制限中でも焼肉は楽しめる?食べてOK?太らないコツを伝授

食べられるものの制限があるため、糖質制限は辛いですよね。

けれども時々炊肉を食べたくなる人も少なくないでしょう。そんな皆さんに朗報です。

食べ方にさえ気をつければ、糖質制限中に焼肉を楽しんでも問題ないのです。

なぜダイエット中も食べても良いのか解説しながら、太らないコツもご紹介していきます。

牛タンをお取り寄せしたい時には、35店舗以上実食してきた中から選んだ牛タンの通販おすすめランキングも参考にどうぞ。

焼肉は糖質制限中でもOK!ポイントは食べ方

焼肉は糖質制限中でもOK!ポイントは食べ方

焼肉となるとついつい食べ過ぎたり、カロリーが高いものを摂取するため、太ってしまうというイメージがあるのではないでしょうか。

しかしながら、焼肉を食べたとしても確実に太るというわけではなく、糖質制限中の方でも食べ方に気をつけておけば問題ありません。

では気をつけておきたい食べ方を、理由を交えながらご紹介していきます。

焼肉時、ダイエット中の方は脂質と糖質をコントロールする

焼肉に限らず、普段の食事でも三大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)がダイエットのキーポイントとなってきます。

特に脂質と炭水化物は肥満に繋がりかねない栄養素ですから、摂取量をコントロールする必要があります。

順番に見ていきましょう。

焼肉時にタンパク質を減らすのはNG

肉はタンパク質が豊富な食品であり、焼肉はタンパク質を多く摂取できる機会です。

タンパク質は、私たちの身体の筋肉や血液、骨や神経といった重要な部分を形成する非常に重要な栄養素。

そのため、食事においてタンパク質は欠かせないですし、なにより焼肉で肉の摂取を抑えるというのもおかしな話ですよね。

焼肉時にはタンパク質を控えない方が良さそうです。

焼肉のタンパク質と脂質は表裏一体?

タンパク質の摂取は良いものの、気を付けておきたいのが脂質で、その理由は以下のとおり。

三大栄養素1gあたりのカロリー

  • タンパク質 1g/4kcal
  • 脂質 1g/9kcal
  • 炭水化物 1g/4kcal

このように、脂質は三大栄養素の中で最もカロリーが高く、食べ過ぎてしまうと肥満に繋がります。

ところが、肉はタンパク質と同時に脂質も含んでいる食品です。

特にカルビやロース等は脂質も多く含まれているため、ダイエット中の方は焼肉時にはそういった部位は控えておくことおすすめします。

焼肉時の高カロリー摂取に繋がる炭水化物

焼肉時の高カロリー摂取に繋がる炭水化物

先ほどご紹介したデータを見るに、炭水化物は脂質に比べると低カロリーです。

しかしながら脂質よりも気を付けたいのがこの炭水化物。

その理由として、焼肉はタレを始めとし、味付けの濃いメニューなりがちだからです。

濃い味付けであればご飯を多く食べたくなったり、人によってはお酒を飲みたくなる場合も。

これらは炭水化物の過剰摂取に繋がり、肥満の原因です。

どうしてもご飯を食べたい場合は、必要以上に注文しない、自宅で焼肉の場合は多く炊かないというように、量を制限した方が良いかもしれません。

焼肉で糖質制限・ダイエットもできる?!量や部位に注目

焼肉で糖質制限・ダイエットもできる?!量や部位に注目

さて、炭水化物を気にしたとしても、やはり肉に含まれる脂質が気になりますよね。

この場合は、先ほどお伝えしたとおり、脂質の少ない部位をチョイスするのがおすすめ。

また、そうすることで食べながらダイエットに取り組むことも可能です。

ここからはダイエット中に特におすすめの部位とその効果を解説していきます。

焼肉ダイエット!おすすめの部位別に効果をご紹介

焼肉を食べながら本当にダイエットできるの?と怪しんでいる方も少なくないのでは?

これからご紹介する部位の栄養素に基づいて解説しているため、試す場合にもご安心ください。

焼肉ダイエット①ハラミ

糖質制限をしている方に断然おすすめなのがハラミです。

ハラミ100gに含まれる糖質は、なんとわずか0.3g!

それでいて高タンパクですので、ダイエットしながらも身体に必要な栄養素を摂取できます。

ただ、脂質は若干高めでもありますので、コレステロール値等が気になる方は、量を調整する必要があるかもしれません。

ちなみに、ハラミの豊富なタンパク質は筋肉を形成しますが、筋肉量が増えると脂肪の燃焼に繋がるため、結果的に脂肪を減らすことも。

適度な運動とハラミの摂取でダイエット効果が期待できるでしょう。

焼肉ダイエット②ホルモン

ホルモンはぷるぷるしていて脂っぽいというイメージが先行しているかもしれませんが、実は低糖質である部位も多く、糖質制限中に適していると言えるでしょう。

特に、センマイやシマチョウ、テッポウ、レバー等は赤身肉よりもカロリーが低いと言われており、ダイエット中の方に人気の高い部位となっています。

ホルモンにはLカルニチンという脂肪燃焼成分が含まれており、食べることでダイエット効果が期待できるかもしれません。

焼肉ダイエット③食べる部位の順番を決める

焼肉の華であるカルビやロースも食べたいという方におすすめなのが、食べる部位の順番を決めるということです。

例えば、ハラミやホルモンを序盤に食べてLカルニチンを摂取しておきます。

低糖質ですから、血糖値の上昇を抑えつつ、脂肪燃焼のための準備を整えます。

中盤に差し掛かった頃にカルビやロースを食べます。

血糖値の急上昇を抑えられ、身体が脂肪を蓄えようとするのを防ぐ効果を期待できます。

また、序盤に低糖質、低カロリーな部位を食べることは食べ過ぎを防ぐことができます。

この食べ方は、特に食べ放題に行くときに有効ですので、機会がある方はお試しあれ。

焼肉ダイエットは効果あり!

焼肉ダイエットは実際のところ効果があるの?と疑問に思う方もおられることでしょう。

その効果は本物で、女優やモデルも実践し、体重の減少を実感しているようです。

また、多くのボディメイクの企業も焼肉ダイエットは効果アリとしています。

食べる部位や順番を決めれば、ダイエット効果が得られる焼肉。

糖質制限中の方も恐れず試してみてくださいね。

焼肉を食べる前に飲む!糖質制限中に摂取推奨食品

焼肉を食べる前に飲む!糖質制限中に摂取推奨食品

焼肉の部位や順番以外にも食べる前に飲む(食べる)ことでダイエット効果が期待できる食品はあります。

ここからは、実際に食べ放題に行った時も実践できる食品をご紹介していきますので、焼肉後の体重が気になる方は試してみてください。

焼肉を食べる前に「サラダやスープ」

焼肉時、ハラミやホルモンよりも先に摂取したいのがサラダやスープです。

サラダやスープに使われる野菜や海藻類は食物繊維が豊富に含まれていますが、糖や脂肪の吸収を緩やかにする働きを持っています。

また、噛みごたえがあるため、早い段階で満腹感を得ることに繋がり、暴飲暴食を防ぐこともできます。

食べ放題ではやる気持ちもあるかもしれませんが、初めは食物繊維を摂取することを心がけてみましょう。

焼肉を食べる前に「白湯」

温かい飲みものを飲むと、ほっとする感覚の覚えがあるのではないでしょうか。

これは、温かい飲み物が胃を温め、同時に満足感を与えてくれているからです。

焼肉の前に白湯を飲むことで食べ過ぎを防ぐことに繋がるかも。

焼肉でついつい食べすぎてしまうという方は是非試してみてください。

ちなみに白湯がない場合は、普通の水でもOKですよ。

焼肉を食べる前に「サプリメント」

焼肉前にサプリメントを飲むことも有効です。

例えば、「いっぱい食べる君が好き♪」でお馴染みのカロリミット は、糖や脂肪の吸収を抑えるだけでなく、脂肪の燃焼も促してくれるサプリメント。

先ほどご紹介した白湯でこういったサプリメントを摂取することで、より良い効果が得られるかもしれませんね。

カロリミット以外にも様々なサプリメントが販売されているため、ご自身に合うものを探してみると良いでしょう。

糖質制限中の焼肉まとめ

糖質制限中の焼肉まとめ

糖質制限中でも焼肉を食べて問題ありません。

それどころか、部位や食べる順番を変えることでダイエット効果が得られ、減量に成功したという方も多くおられます。

これまで気にし過ぎて食べられなかった方も、この記事をご参考に焼肉ダイエットを始めてみると良いかもしれませんね。

>>【2022年最新版】通販の美味しい焼肉おすすめTOP3!!名店の味を家庭でも