≫【楽天牛タンランキング】今売れている商品はコチラ≪

牛タンのカロリーは1枚70kcal!ヘルシーに味わうポイントご紹介



どのお肉よりも牛タンが大好き!「まい牛」です。


美味しいお肉が食べたい人のなかには、
とにかく「牛タン好き」な人もいるのではないでしょうか。


淡白ななかに肉の甘味も感じられる牛タンは、
男性女性問わず人気の部位です。


そんな牛タンが好きな人にとって、
気になるのがカロリーだと思います。

そこで本記事では

  • 牛タンのカロリーはどの程度なのか
  • ヘルシーに牛タンを楽しむポイント

について解説していきたいと思います。

実質無料で牛タンを食べる方法
結構知らない人も多いのですが、年会費永久無料の楽天カードに新規入会すると5000ポイントもらえます。ポイントで牛タンを買わなくても良いですが、とりあえず永久無料なので損はないと思いますよ。

牛タンのカロリーは高い?

牛タンのカロリーは高い?
焼き肉の定番として人気である
牛タンのカロリーはお肉のなかでも少し高めです。


1枚あたりを20gとして計算したときに、
牛タン1枚で70キロカロリーになります。
3枚食べれば210キロカロリー、5枚食べると350キロカロリーです。


淡白でさっぱりとした食感からは想像できないかもしれませんが、
脂質分も多く牛タンのカロリーは意外にも多めです。


脂質分も多く濃厚な味が楽しめるのもあり、
人気がありますがダイエット中の人は控えたほうがいいかもしれません。


ちなみに焼き肉の他のお肉で見ると、
最もカロリーが高いのが「カルビ(バラ肉)」になり、
500キロカロリーを超えます。


お肉はついつい美味しくて食べてしまいがちですが、
カロリーには気を付けて食べるようにしましょう。

牛タンの気になる栄養は?

牛タンの気になる栄養は?
牛タンは美容や健康にとっても嬉しい部位として知られています。


良質なタンパク質はもちろんのこと、
鉄分やビタミンA、B(1.12)、Cなどの栄養素が豊富に含まれており、
カロリーこそ多いものの、カルビやロースなどと比べて脂質分も少なめです。


n-6系脂肪酸やn-3系脂肪酸なども含んでいるため、
LDLコレステロールを減らす効果が期待できます。


さらにビタミンBやナイアシンなどを豊富に含むことから、
脂質をエネルギーに変える効果もあると言われています。


それだけでなく、

  • ストレスの緩和
  • 集中力の向上
  • 睡眠の質を高める

などの効果も期待できます。


そのため牛タンを食べても脂肪にはなりにくく、
動脈硬化の予防にも繋がります。


高タンパクで低脂肪なのが牛タンの特徴でもあり、
美味しくきれいになりたい人にとっても嬉しい食材といえます。


ちなみに牛タンのなかに含まれるタンパク質は13.0g(100g辺り)も含まれており、
肌や筋肉を作るためにも必要な栄養素です。


血液細胞などの重要な構成にも関わる栄養素で、
体の調子を整える役割もあります。


元気に過ごしたい人にとっても、
タンパク質が不足しないように意識的にとるようにしたいものですね。


また、栄養ドリンクなどで知られるタウリンも豊富に含まれているため、
肝機能の向上や血圧上昇、インスリンの分泌抑制などの効果も期待できます。

ダイエット中でカロリーが気になるときの牛タンの楽しみ方

ダイエット中でカロリーが気になるときの牛タンの楽しみ方

牛タンが好きな人でも、やっぱりカロリーは気になるものです。


少しでも牛タンをヘルシーに食べたいと思っている人に、おすすめの食べ方のポイントを紹介します。


ダイエット中でも牛タンを諦めることなく、食卓で楽しんでくださいね。

白ごはんよりも麦ごはんを選ぶ

牛タンと一緒に食べるごはんは、麦ごはんをおすすめします。


お肉と相性がいいのでつい食べすぎてしまう人もいると思います。


白米のなかには炭水化物=糖質を多く含んでいるため、
中性脂肪の原因になってしまうこともあります。


牛タンには、麦ごはんを合わせることで、
不足しがちな食物繊維を含み満腹感を得ることにも繋がります。


ご飯はよく噛み食べすぎないように注意してください。
麦ごはんはビタミン・ミネラルも豊富です。


食物繊維においては約20倍もの量になり、
血糖値の上昇を防ぎ消化を促す効果が期待できます。


牛タンでご飯を一緒に食べない方法もありますが、
麦ごはんなど食物繊維が豊富なものと合わせるだけでも吸収率が変わり、
脂肪になりにくくしてくれます。

食べる順番を意識する

牛タンを食べるときは、
食事の順番も意識すると脂質としてつきにくくなります。


例えばサラダやキムチなどの野菜や乳酸菌が入っているものから食べると、
脂肪燃焼効果を高めダイエット効果が期待できます。


なかでもキムチのなかに入っているカプサイシンは、
毛細血管の血行を良くする効果があり、
体を芯から温めてくれます。


まずはキムチやサラダを食べてから牛タンにする。


もしくは牛タンとサンチェをあわせるなど、
食べる順番や食べ方を意識するだけでも、
ダイエット中の食べ方としても安心です。

しっかりと焼く

牛タンを食べるときに、
レア感のある方が好きなんて人もいると思います。


牛タンのカロリーが気になるときは、
しっかりと焼いて脂を落とすこと
余計な脂質分を減らすことに繋がります。


牛タンの脂肪が落ちることでカロリーダウンも期待できます。


牛タンをレア目で食べたい人も、
しっかりと焼くことで脂質分を減らして、
ヘルシーに食べられるようになります。


牛タン以外の焼き肉でも同様で、
しっかりと焼くようにするだけでも、
カロリーが抑えられるのでおすすめです。

牛タンを食べるときはレモン汁がベスト

牛タンを食べるときはレモン汁がベスト

牛タンを食べるとき、カロリーが気になる人は「レモン汁」をたっぷりとかけるのがおすすめです。


甘みの強い焼き肉のタレをかけるのが好きな人もいると思いますが、
どうしてもカロリーが気になる人は、
レモン汁をかけて食べるようにしてください。


タン塩にはお肉だけでは取れないビタミンCやクエン酸が摂取できますし、
代謝UPにも繋がります。


血液サラサラ効果も期待できますし、
牛タンの上にたっぷりとネギを載せて食べるのも最適。
ネギのなかには、アリシンが含まれており、体のなかに長時間とどまり糖質代謝をサポートしてくれます。


牛タンの上にネギがのっているのは、
こういった理由があるのですね。


レモン汁は脂肪分の多い牛たんもさっぱりと食べられますし、
カロリー的に見ても安心です。


牛タンの本場である仙台などでは、
塩コショウだけのさっぱりとした味付けで提供しているところも多く、
お肉本来の味を楽しむようにできています。


牛タンはお肉自体に甘みがあるので、
味付けはシンプルなほうがおすすめです。


レモン汁の他にもわさびなどを合わせても美味しく食べられますよ。

牛タンのカロリーまとめ:牛タンはカロリーが低め、でも食べすぎに気をつけよう!

牛タンはカルビなどと比べると、カロリーが半分程度のため、
焼き肉のなかでもヘルシーに食べられる食材なのですが、
豚肉・鶏肉などと比較するとカロリーが多めです。


もしダイエット中で牛タンのカロリーが気になるのであれば、
食べる量や牛タンとの合わせに気を付けながら食べるのをおすすめします。


ご飯は麦ごはんにして、レモン汁などの組み合わせの工夫をするようにしてください。


野菜も積極的に食べるようにして、カロリーを抑えるのもポイントです。
カロリーが過多にならないように気を付けましょう。


もともとホルモンの仲間である牛タンは、
プリン体などのコレステロールの心配もありません。


美味しい野菜や海藻と一緒に食べるなど、
食物繊維を意識的に摂取するために、一緒に食べるようにしましょう。
塩分過多を防ぐカリウムも豊富なのでぴったりの食材です。


牛タンは希少な部位ですし、
美味しくカロリーを抑えて楽しむようにしたいものですね。


牛タンを美味しくいただくためにも、工夫してみてくださいね。


【激ウマ】おすすめ通販牛タンをご紹介【30店舗以上を実食した牛タンマニアの厳選3品】

本当に美味しい通販牛タンランキング15選!厚切り・薄切りなどに分けてご紹介!

やまなか家