>> 人気の通販牛タンを見る <<

牛タン1枚で70キロカロリー!太る食べ方とヘルシーに食べる方法とは

牛タン1枚で70キロカロリー!太る食べ方とヘルシーに食べる方法とは

「牛タンが大好きだけれど、高カロリーだから太りそうで心配…」と気になっていませんか?実際に牛タンのカロリーは1枚あたり70kcalと高カロリーな食べ物です。

牛タンは旨味を感じるジューシーな脂質も多く含まれているので、食べ過ぎてしまうと太りやすいので要注意。

しかし牛タンは栄養価値が高く、太りにくい食べ方をすればヘルシーに美味しくいただくことができますよ!

そこで今回は、牛タンのカロリーと栄養値、太りにくくヘルシーに食べる5つのポイントをご紹介します。ダイエット中の方も美味しい牛タンを上手に取り入れていきましょう。

牛タンは高カロリー

牛タンは高カロリー

牛タンはねぎ塩と一緒に頂くことも多く、淡泊でさっぱりとしたお味ですので、ヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、1枚あたり(約20g)のカロリーは70kcalと高めです。

牛タンを5枚食べれば350kcalとなり、ハンバーガー1個分に相当します。牛タンを10枚食べれば700kcalにもなり、牛丼1杯分と同じくらいのカロリーです。

そして牛タンは高カロリーだけでなく、脂質も多く含まれており、牛タン1枚あたりの脂質は6.4gです。脂質は体の機能を安定させる栄養素ですが、摂り過ぎは肥満の原因になります。

牛タンは脂質が多いおかげで口の中でとろける肉汁を堪能できるのですが、ダイエット中の方や太りたくない方は牛タンを食べる量は適度に抑えたほうが良いでしょう。

牛タンはビタミンB群が豊富で美容と健康に嬉しい

牛タンはビタミンB群が豊富で美容と健康に嬉しい

牛たん好きの方は、「やっぱ牛タン食べると太るんだ…」とショックを受けたかもしれませんが、美容や健康に役立つビタミンB群とビタミン・ミネラルも豊富に含まれているのです!

▽ 牛タン:100g(単位)あたりのビタミン・ミネラル

栄養素
ビタミンA 11μg
ビタミンE 0.5mg
ビタミンK 8μg
ビタミンB1 0.12mg
ビタミンB2 0.3mg
ナイアシン 3.9mg
ビタミンB6 0.25mg
ビタミンB12 6.1μg
葉酸 7μg
パントテン酸 1.32mg
ビタミンC 3mg
ナトリウム 60mg
カリウム 200mg
カルシウム 5mg
マグネシウム 14mg
リン 140mg
2.5mg
亜鉛 2.8mg
0.1mg
食塩相当量 0.2g

参考サイト:牛タン – カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism


どうでしょう。牛タンは意外とビタミン・ミネラルが豊富に含まれていて、栄養値が高いと思いませんか?ビタミン・ミネラルは体全体の機能、お肌や髪など、美容と健康に役立ちます。

ビタミンB12・ビタミンB2といったビタミンB群とナイアシンは脂質代謝の時にエネルギーに変わって使われます。つまり、牛タンから脂質を摂りすぎても体に脂肪が付きにくいのです。

牛タンには、栄養ドリンクの成分で知られるタウリン、n-6系脂肪酸やn-3系脂肪酸なども含まれており、コレステロールの吸収を抑える働き、肝機能の向上、血圧上昇、インスリンの分泌抑制などが期待できます。

牛タンの糖質量は100gあたり0.2g、牛タン1枚(約20g)あたりは0.04gと微量な上にタンパク質は13.0gと豊富ですから、糖質制限ダイエット中の方も取り入れやすいですね。

外食ではなかなか食べられないという方は、35店舗以上実食してきた中から選んだ牛タンの通販おすすめランキングの中から選んでもらえれば、失敗はないと思うのでぜひ参考にしてくださいね。

ダイエット中に太りにくい牛タンの食べ方5つのポイント

ダイエット中に太りにくい牛タンの食べ方5つのポイント

牛タンは高カロリーで脂質が多いけれど、意外にもビタミン・ミネラルが豊富に含まれていることが分かりました。

ここからはダイエット中に牛タンを食べる時に知っておきたい、太りにくい5つの食べ方をご紹介しましょう。

白米よりも麦ごはん!栄養素を効率よく摂取せよ

牛タンを食べるときには、隣に熱々のご飯をセットで頂きたいですよね。そこで白米ではなく「麦ごはん」をチョイスすると、牛タンに含まれる栄養素を効率よく摂取できます。

仙台の牛タン専門店に行くと、「牛タン定食」に麦ごはんや付け合せにとろろが付いてくることが多いです。

麦ごはんは白米に麦を混ぜて炊かれていますので、白米よりもビタミン・ミネラル・タンパク質・食物繊維が豊富に含まれています。

麦ごはんに含まれる食物繊維は白米の約20倍もあるので、牛タンと麦ごはんをセットで食べると血糖値の上昇を防ぎ、牛タンに含まれる栄養素を効率よく吸収・消化することができるというメリットがあります。

白米は糖質(炭水化物)を多く含んでいて、食べ過ぎると中性脂肪が体に付きやすくなるのでダイエット中の方はできれば避けたほうが良いです。

麦ごはんをよく噛んで食べることで、食物繊維がお腹の中で膨らみ、満腹感を得やすく、牛タンをヘルシーに食べることができますよ。

野菜も一緒に食べて満腹度を上げる

焼肉屋さんや牛タン屋さんに行くと、つい牛タンとご飯ばかりを食べてしまいがちですが、その食べ方は血糖値を急上昇させて、太りやすいのでNGです。

ダイエット中の方は、外食で牛タンを食べる時に必ずサラダ・キムチ・サンチェなど、野菜も一緒にオーダーして、自宅で食べる時も野菜を必ず添えるようにしましょう。

例えば、水分が多いキャベツやもやしなどを食べると、食物繊維が糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールを体外に排出する働きをしてくれます。

また、先程の麦ごはんでも述べたように、食物繊維はお腹で膨らんで満腹感を得やすいので、食物繊維が豊富に含まれる野菜を一緒に食べると、暴食を抑えることができるのです。

ゆっくりよく噛んで食べる

お腹が空いている時は、急いでお肉とご飯をお腹にかきこんでしまう方も多いでしょう。ダイエット中の方だけでなく、健康のためにも食事はゆっくりとよく噛んで食べるのが正解です。

糖質制限ダイエット中の方は食事にお肉を食べることが多くなりますが、お肉を噛む回数を増やすことで満腹感を感じやすく、消化もスムーズになり、食べ過ぎを抑えてくれます。

食べる順番は「お肉(タンパク質)よりも野菜(食物繊維)を先に食べると血糖値の上昇を抑える」というメソッドがありますが、最近では「お肉を先に食べたほうがいい」という意見もあります。

いずれにしても科学的な根拠がないのが現状で、一概に「正しい順番」はありませんが、ご飯(炭水化物)は最後に食べると血糖値の上昇を抑えて、脂肪がつきにくくなるのは事実です。

網焼きでしっかりと焼く

牛タンは柔らかいレアが好みの方もいらっしゃると思いますが、太りにくい食べ方を追求するならば、しっかり焼いて余分な脂質分を落とせば約10%から30%もカロリーを減らせます。

ただし、牛タンを含むお肉に含まれるビタミンは水溶性のため、電子レンジやオーブンを使うと水に栄養素が溶け出してしまい、せっかくの栄養値が下がってしまうので要注意です。

できれば牛タンは網焼きで焼くと余分な脂質分を落としながら、同時に必要なビタミンの流れを抑えることができますので、ヘルシーに食べることができますよ。

レモン汁をたっぷりかけて代謝UP

牛タンのカロリーを少しでも抑えてヘルシーに食べるには、レモン汁(26kcal/100g)をたっぷりかけて、ビタミンCとクエン酸も同時に摂取して、代謝UPを促しましょう。

牛タン専門店には甘いタレを置いてあるお店もありますが、ダイエット中の方はレモン汁と塩コショウのシンプルな味付けが適しています。

牛タンはネギをたくさん乗せる食べ方も人気です。ネギには糖質代謝をサポートして、血液サラサラ効果が期待できるアリシンも豊富に含まれているので、ヘルシーな食べ方といえます。

レモン汁は酸味が強くて苦手だという方は、牛タンに少量のわさび(88kcal/100g)をつけて食べると美味しくいただくことができますよ。

牛タンを食べて太るのが心配!実は食べ方にポイントがあった

牛タンを食べて太るのが心配!実は食べ方にポイントがあった

大好きだけど、牛タンを食べて太るのが心配で頻繁に食べられないという人も少なくないですよね。実は牛タンは食べ方にポイントがあり、太ることを気にせず、ヘルシーに牛タンを楽しむことができますよ。

脂質が多いため食べ過ぎには注意

牛タンが太ると言われる理由として、脂質が多いことが挙げられます。しかし、牛肉の良質な資質のため、量を守れば必要な栄養素として取り込むことができます。

おすすめとして、よく焼くことによって脂が落ち、含まれる脂質を減らすことができます。量を減らすだけでなく、焼き方にも工夫してみましょう。

野菜を多めにとって消化をよくしよう

脂質が多くても、野菜を多めに取った後に牛タンを食べることによって、新陳代謝をよくして消化をよくすることができます。野菜に含まれる食物繊維は脂肪を抑えることにつながるんです。

カロリーだけを計算することがダイエットではありません。しっかりバランスを良く食事をすることで健康に栄養を取りましょう。

ご飯の量を調節して糖質を減らす

牛タンを食べる際に注意が必要なのはご飯の量なんです。牛タンは味付きなどもありますし、牛タンを食べて太るというよりは白米を食べすぎてしまうことにあります。みなさんご存知の通り、牛タンの脂、もしくは絡んださまざまなタレは食欲をそそり白米との相性も抜群ですからね!そのせいもあって、「牛タンは太る」と、認知している方が多いのでしょう。

ご飯を食べ過ぎないことによって、カロリーが増えることを抑えることができます。たくさん牛タンを食べたい人は特に、全体のバランスを考えてみましょう。

牛タンは健康のための栄養の宝庫!牛タンから得られる効果とは!

牛タンは健康のための栄養の宝庫!牛タンから得られる効果とは!

牛タンは太るから…と敬遠する方もいるかも知れませんが、実は牛タンは健康のためになる栄養に溢れる宝庫なんです。他の部位にはみられない牛タンの魅力から効果までを合わせて紹介していきます。

脂質をエネルギーに変えるビタミンB群

牛タンには、ビタミンB群がたくさん含まれています。ビタミンB群は脂質をエネルギーに変える効果があり、他の部位よりも脂質がそのまま吸収されづらい魅力的な部位なんです。

また、動脈硬化などの予防にも効果があるビタミンB12など、病の予防にも有効な成分もたくさん含まれていて、ダイエットをしている人や、健康を気にしている人にもおすすめです。食べ方をしっかりすれば牛タンは太るどころか健康にいいのです!

ターンオーバーの促進で美容効果

牛タンには実は、女性にも嬉しい美容効果につながる栄養成分も多く含まれていることが特徴なんです。

ストレスの緩和や皮膚の再生などターンオーバーにも役立つビタミン成分によって、牛タンを食べて楽しむだけでなく、美容効果も得られるなんて一石二鳥ですよね。

肝臓にも効くタウリン

焼肉を食べる際には欠かせないのがお酒ではないでしょうか。疲れた体に染み渡る美味しいお酒は、つい飲み過ぎてしまうひとも多いですが、実は牛タンとの組み合わせによって肝臓の機能の働きをよくしてくれるという驚きの効果もあるんです。

牛タンには肝臓に効くタウリンがたくさん含まれており、飲みの席でも相性抜群です。

さらに牛タンの栄養については詳しく知りたい方はこちらも参考にしてくださいね。

牛タンは鉄分が豊富!栄養もたっぷりで健康にも役立つ5つの成分も紹介

牛タンは太るわけじゃない!メリットだらけの牛タンを楽しもう

牛タンは太るわけじゃない!メリットだらけの牛タンを楽しもう

牛タンはその脂の乗った食欲をそそる見た目からも太る、というイメージが持たれがちですが、実はただの脂質ではないんです。

牛タンに含まれる成分は健康を気にする人にも積極的に取るべき栄養素に溢れており、食べ過ぎさえしなければ積極的に食べることをおすすめできる牛の部位です。牛タンに含まれる栄養素をすべて取ろうと思うと、たくさんの食材を用意しても取り切れないほどの様々な栄養分に溢れている牛タンはメリットだらけと言えるでしょう。

牛タンはよくレモン汁と一緒に食べることも多いですが、実はこの組み合わせをすることによって最強の栄養バランスで食べることができます。レモンには、牛タンには含まれないビタミンCが満点で、より新陳代謝をあげダイエットにも効果的になります。

また、つい美味しくてご飯に箸が進んでしまいますが、レモンの味によってさっぱりし、炭水化物への食欲を抑えることもできますよ!

牛タンの味付け・タレ9選!誰でも出来る簡単レシピをご紹介【味噌・味の素】

牛タンのカロリーまとめ:牛タンは工夫次第でヘルシーに味わえる

牛タンのカロリーまとめ:牛タンは工夫次第でヘルシーに味わえる

牛タンは高カロリー・高脂質な食べ物ですから、食べ過ぎると体に中性脂肪が付いて太りやすく肥満の原因になるので、特にダイエット中の方は注意が必要です。

ダイエット中に牛タンが食べたくなったら、今回ご紹介した5つのポイントに気をつければ、全体のカロリーを抑えてヘルシーに楽しむことができます。

牛肉の中でも希少部位でなかなか味わえない牛タン。食べる量と食べ方に注意して、美味しくカロリーを抑えて楽しむようにしたいものですね。

>>牛タンの通販おすすめランキング