≫【楽天牛タンランキング】今売れている商品はコチラ≪

【衝撃】牛タンにはどのような栄養素が含まれている? 意外と身体に良いアノ成分も!




現代では焼肉メニューの定番となった「牛タン」ですが、皆さんはお好きですか?


焼き肉は一般的に「カロリーが高い食べ物」と思われがちですが、
実は牛タンにはたくさんの身体に良い栄養素が含まれています。


もちろん食べ過ぎはよくありませんが、
量を守って食べれば良質な油などを摂取することができます。


今回は牛タンには
どのような栄養素が含まれているのか
について紹介していきます!

牛タンに含まれている栄養素:不飽和脂肪酸

牛タンに含まれている栄養素:不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸とは「酸化しにくい脂質」の事です。


酸化というのは極端に言うと「腐る」ことであり、
私たちが普段利用している油や調味料なども少しずつ酸化して品質が低下しています。


酸化は酸素に触れることで起こるため、
真空ボトルなども最近では注目されていますね。


では、油が酸化するとどのなるのかというと、
品質が低下して鮮度が低下するだけではなく、
長期間にわたって摂取することで動脈硬化などの原因になってしまうのです。


動脈硬化が進むと、
心筋梗塞(心臓の血管が詰まって心臓が動かなくなる)や
脳卒中(脳の血管が詰まって脳や体中に障害が出る)などの
皆さんも聞き慣れた病気になりやすくなります。


不飽和脂肪酸は酸化しにくく品質の低下を招きにくいので、
脂質の中でも体に良い方の栄養素であるということできます。


当然ながら、牛タンに含まれる脂肪が全て不飽和脂肪酸であるという事ではありませんし、
不飽和脂肪酸であっても沢山食べて良いという事ではありません。


良質なだけであって、油であることには変わりありません。


ただ、カルビやハラミなどと比較すると不飽和脂肪酸の量が多いため、
焼肉メニューの中では比較的健康的な食材であると言えます。

牛タンに含まれる栄養素:ビタミンBが豊富に含まれる

牛タンに含まれる栄養素:ビタミンBが豊富に含まれる

牛タンにはビタミンBが豊富に含まれています。


ビタミンBには様々な効果があるので、以下で順番に紹介していきます。

ビタミンBの効果:お肌の状態を整えてくれる

ビタミンBにはお肌の調子を整えてくれる効果があります。


ニキビや吹き出もの・肌の赤身など、
女性のみならず男性のお肌にも効果があるため、
脂の少ない良質な牛タンほど効果が高まります。


お肌の調子が優れずに困っているという方は、
野菜などの他のビタミンと一緒に牛タンを食べると、
沢山の栄養素をまとめて摂取することができるので効果的です。

ビタミンBの効果:ストレスを和らげてくれる

ビタミンBにはストレスを和らげてくれる効果があります。


普段の生活で仕事や勉強など、
ストレスがたまることは沢山あるかと思います。


そのような中でたまに牛タンを食べることで
ビタミンBによるストレス改善効果が期待できます。


焼き肉屋さんや牛タン専門店で食べるのもオススメですし、
もちろん住宅で食べるのも良いですが、
いずれにせよ美味しい食べ物なので、
贅沢感も相まって心の状態を良好に保つことができます。

ビタミンBの効果:集中力を向上させる効果がある

ビタミンBには勉強や細かい作業などの
集中力を向上せてくれる効果があります。


体内のビタミンが不足していると、
何かやる気が起きなかったり、
集中力が欠けてしまったりすることがありますが、
牛タンを食べることでもビタミンを補うことができます。


前述の通り、
他の野菜と一緒に牛タンを食べるのがオススメで、
一気に大量の栄養素を摂取することができます。

ビタミンBの効果:血糖値を下げてくれる働きがある

ビタミンBには血糖値を下げてくれる働きがあります。


血糖値という言葉は多くの方が
効いたことがあるのではないでしょうか?


血糖値が高いといわゆる「糖尿病」になりやすく、
長期間糖尿病の状態が続くと深刻な身体症状になって現れることもあります。


ぜひ血糖値を正常の値に保つことができるよう、
たまに牛タンを食べてみるのがおすすめです。


このように、牛タンに含まれるビタミンBには様々な効果があります。


野菜などからも摂取することができますが、
定期的に牛タンを食べることで、より効率的に摂取することができるので、
視野に入れておくとよいでしょう。

牛タンに含まれている栄養素:鉄分が豊富に含まれる

牛タンに含まれている栄養素:鉄分が豊富に含まれる

牛タンには鉄分が豊富に含まれています。


鉄分というのはいわゆるヘモグロビンの事であり、
ほうれん草などにも豊富に含まれていますね。


鉄分は「貧血予防」に効果的である
という事を聞いたことがあるという方も多いはずです。


鉄分に含まれるヘモグロビンは、
体内で酸素を体中に運ぶ役割を担っています。


全身の筋肉や脳・細胞は、
酸素や糖分を主なエネルギー源としているので、
酸素が不足すると正常に機能しなくなってしまいます。


それが貧血であり、倒れてしまったり体調が悪くなったりしてしまいます。


牛タンにはこの鉄分が沢山含まれているので、
レバー・ほうれん草などと同じように、
貧血の予防になります。


貧血に困っていないという方であっても、
効率的に体中へ酸素をいきわたらせることは
作業効率の向上につながります。


ぜひ牛タンを食べて鉄分を補給しましょう!

牛タンに含まれている栄養素:牛タンにもタンパク質が多量に含まれる

牛タンに含まれている栄養素:牛タンにもタンパク質が多量に含まれる

タンパク質は3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の一つです。


タンパク質はよく「体の基礎を作る栄養素」と表現されており、
全身の骨格(筋肉や骨)を作っています。


筋力トレーニングをしている人はタンパク質が欠かせませんし、
もちろん筋力トレーニングをしていないからといって
タンパク質が必要ないという事ではありません。


タンパク質が不足すると、
筋肉の量が減ってしまうことにつながります。


筋肉の量が減ると、
浮腫みや疲労の原因になりやすく、
私たちの生活にも悪影響が出てきます。


牛タンを食べる機会は焼肉という方が大半を占めるかもしれませんが、
ハラミやカルビ・鳥皮などよりも沢山のタンパク質を含んでいるのでおすすめです。


もちろん、脂質の量もいくらか抑えることができます。

牛タンはどのくらい食べても良いのか

牛タンはどのくらい食べても良いのか

沢山の栄養素が含まれているからと言って、
たくさん食べればよいということでもありません。


牛タンには意外と沢山のカロリーが含まれており、
下手に食べ過ぎると肥満の原因になります。


もちろん、毎日のように食べるという方は少ないかもしれませんが、
目安として1日10枚以上の摂取は控えたほうが無難です。


牛タンには1枚当たり約70kcalのカロリーが含まれており、
それなりのハイカロリー食品になっています(他の肉と比較すればそうでもありませんが)。


成人の1日の消費カロリーは約2000~2500kcalと言われており、
1日中デスクワークをしている場合にはさらに減って、
最低だと1日1500kcalくらいになります。


つまり、牛タンを10枚食べただけでも
1日の摂取カロリーの2分の1~3分の1を摂取することになるのです。


当然ですが、摂取カロリーが消費カロリーを上回ると
脂肪や糖が身体に蓄えられて太ります。
牛タンは食べ過ぎにも注意が必要なのです。

牛タンの栄養まとめ

今回は牛タンに含まれる栄養素を紹介しました。


たくさんの素晴らしい栄養素が含まれているので、
ぜひ定期的に食べておきたいお肉になります。


牛タンは他の人気肉と比較してもカロリーは低めであり、
栄養素が豊富です。


食べ過ぎには注意が必要ですが、
たまにたべて心も身体も元気になりましょう!


>>本当に美味しい通販牛タンランキングTOP3

【2021年】本当に美味しい通販牛タンランキングTOP3!厚切り・薄切りなどコダワリ別にご紹介!