>> 人気の通販牛タンを見る <<

七輪で焼くと美味しいものは?おすすめの具材・食材・料理をご紹介

七輪で焼くと美味しいものはコレ!おすすめの具材・食材をご紹介!

家でのご飯を贅沢にしたり、外でバーベキューを楽しむ方が増え、七輪が注目されています。牛タン大好きな私も七輪は欠かせないアイテムです。

「バーベキューコンロもあるのになぜ七輪?」と思う方もいらっしゃると思いますが、状況別の七輪の使い方やおすすめの食材も知っておくと、1人での食事も複数人での家飲みも楽しくなりますよ。

しかしながら室内でも屋外でも使い方には注意が必要です。事故に繋がらないように正しい使い方を知っておきましょう。

それを踏まえて、炭火料理の良さを活かせる七輪でのおすすめ料理もジャンルに分けて紹介していきます。

もくじ

七輪で焼くと美味しいものはコレ!おすすめの具材・食材

どんな食材が美味しくなる?七輪で焼きたいおすすめの食べ物
七輪で調理するおすすめの食材はどんなものがあるのでしょうか。旨味を最大限に引き出す食材を知って、今までとは違う食べ方や風味を味わってみましょう。

七輪を買ったら是非焼きたい「肉」

美味しい肉汁を閉じ込めることができるので、肉は七輪で調理したいおすすめ食材です。ボリュームのあるブロック肉は中からじっくり焼き上げることができます。鶏肉は皮がパリッと焼けるので、皮付き肉もオススメです。

カルビなど脂の多い肉は旨味が閉じ込められてさらに美味しくなりますよ。牛タンなどの薄い肉は強火が向いていないので、七輪の火が弱いところで時間をかけて焼くと美味しくなります。

繰り返しになりますが私のおすすめは牛タンです!七輪を使った牛タン焼きは本当に美味しい。

殻がついている海産物は香りも楽しめる

えび・カニなどの甲殻類は殻が焼けるときの香ばしさを楽しむことができます。炭火で時間をかけて火を通すので、中身が縮みにくく、ふっくらとした焼き上がりになります。

貝類は貝殻をそのまま器して酒蒸しやバター焼きを作ることができます。生きている貝類はそのままだと開くのが難しいので、七輪の上で焼くことで剥く手間を省くこともできますよ。

七輪で試してみたい食材

七輪で焼く牛タンが最高におすすめなのですがその他、七輪で焼くのを試したい食材が3つあります。

①餅
…七輪で焼くことで、餅の柔らかさを引き出すことができます。さらに、外側はおこげがついて、まるでお煎餅のように味わうことができますよ。焼いた後は醤油・きなこなどで食べるのがオススメです。

②さつま芋
…七輪と炭の遠赤外線で温め続けることによって、さつま芋の甘みが引き立つ焼き芋になります。七輪で焼き芋を作る際はアルミホイルで巻きましょう。1〜2時間程熱する必要がありますが、出来上がった焼き芋は絶品です。

③栗
…七輪の上に網を置き、その上で焼き栗を作ることができます。弱火を保てる七輪がおすすめです。40分ほどかけて調理をします。調理中は香ばしさを楽しめますし、焼き上がりはホクホク感のある栗を堪能できますよ。

七輪はどうしておすすめ?その理由は七輪と炭にあった!

七輪はどうしておすすめ?その理由は七輪と炭にあった!
実は江戸時代から使われている七輪。使い続けられているのにはそれなりの魅力があるからなんです。食材の美味しさを引き出すために七輪がおすすめと言われている理由を知っておきましょう。

七輪で食材を焼くと美味しくなる理由

七輪は食材の旨味を引き出すものと言われています。

食材を美味しく焼くには「遠赤外線」が必要なのですが、七輪はそれがガスの4倍も出るんです。ガスでの調理よりも美味しく感じるのは根拠があることだったのです。

また、珪藻土の七輪はそれ自体に遠赤外線を発する効果ありますので、金属製の七輪やバーベキューコンロに比べると、さらに食材を美味しくする効果があると言えるでしょう。

「炭」も食材の美味しさを引き出す効果がある

七輪の使用時には炭を使いますよね。炭火は遠赤外線の「輻射熱(ふくしゃねつ)」を利用するもので、食材そのものを発熱させて中からじっくり焼くことができる効果があります。

また、炭火はガスよりも表面温度が高くなりますので、肉や魚の脂を閉じ込めて旨味を逃がさないという特徴もあります。

余計な水分が出ないので外はこんがり、中はふっくらと焼くことができるのも七輪を使うおすすめのポイントの1つです。さらに、「燻煙効果」と言って、炭には旨味成分の一つである有機酸類を煙に乗せて食材に付着させることができます。

珪藻土の七輪を使うメリットとデメリット

バーベキューコンロがあるなかでどうして七輪が注目されているのでしょうか。旨味を出せること以外に、七輪を使うメリットとデメリットをみていきましょう。

【メリット】
  • バーベキューコンロと比べて安価なものが多い
  • お手入れが楽
  • 耐久性が高く、長く使える
  • 熱効率が良いので使う炭が少なくて済む
【デメリット】
  • 小さいものが多いので、大人数のバーベキューには向かない
  • 脚がついておらず、調理が低い位置になってしまう
  • 持ち運びが大変
七輪は日本製を選んで!良質な能登産珪藻土を使った七輪メーカー4選

七輪と一緒に揃えるべきおすすめグッズは?着火や後始末方法も

七輪と一緒に揃えるべきおすすめグッズは?着火や後始末方法も
七輪には一緒に揃えるべきおすすめグッズがあります。着火は難しそうと感じる方も多いですが、意外と簡単にできますよ。七輪を長く使うために後始末の方法も知っておきましょう。

七輪を購入する時に一緒に準備するもの

以下のものは場所を問わずに用意しておくべき七輪のおすすめグッズです。

  • 火ばさみ:炭を移動させる時に使う
  • 軍手:七輪の持ち手を触ると気に使う
  • 火消しツボ:炭を消火させる時に使う
  • 着火剤
  • 火起こし器またはバーナー

炭に火をつける方法は2つ

①火起こし器を使う方法

  • 火起こし器の下に、丸めた新聞や着火剤を入れる
  • その上に炭を置く
  • あとは下の穴から火をつけて数分待つ

火起こし器にしには2種類あり、下の穴からマッチやライターで火をつけるタイプとガスコンロで使うタイプがあります。


②バーナーを使う方法

  • 七輪の下に着火剤を入れる
  • 着火剤をガスバーナーで炙る
  • 着火剤に火がついたら炭を入れて、再度ガスバーナーで炙る
  • 炭に火がつくのを数分待つ

七輪を使った後の掃除は簡単

七輪がおすすめな理由として、掃除が簡単という点が挙げられます。もともとはメンテナンスフリーなので、使用後に時間をかけなくても良いところが嬉しいですね。

使用後、炭火が残っていたら火消しツボなどに入れて消火します。この時、七輪はとても熱いので直接触らないようにしましょう。

七輪冷却後、残りの炭や灰などを出します。これだけで十分なのですが、汚れが気になるときはキッチンペーパーなどで拭き取ると良いですよ。七輪は水に弱いので、水洗いはしないようにしましょう。

七輪の基本的な使い方!初心者でも簡単に使えるようになる利用方法

室内での七輪の使い方のおすすめは?

家の食事をより豊かに!室内での七輪の使い方のおすすめは?
七輪は外で使うというイメージが多いですが、使い方を守れば家の中でも使うことができます。どんな七輪がおすすめか・どんなシーンで使うのかをみていきましょう。

1人でも家族でも使える

七輪には大きさや形が数種類あり、用途によって選ぶことができます。使用人数による七輪のおすすめをご紹介します。

・1人で使うなら
直径14〜16cmくらいの七輪が適切です。正方形型のコンパクトなものは、置く場所にも困りませんし、焼き物と煮物どちらにも対応できるので使いやすいです。

ベランダで使える七輪でおすすめは?自宅・マンションで焼肉したい人向け


・2〜4人など家族単位なら
オーソドックスな円形の七輪では、直径21〜25cm程がちょうど良い大きさです。角型の七輪は大きめのものもありますので、大人数の時や魚を一匹丸焼きにしたい場合にオススメです。

家ではどんなシーンで七輪を使う?

せっかく七輪を購入したらいろんなシーンで楽しみたいですよね。まずは家飲みに使う方法があります。1人でもグループでも本格的な炭火料理を味わうことができますよ。

使い方に慣れてきたら、普段の料理に使ってみるのも良いでしょう。ガスやIHでは出ない炭火の味わいを感じることができます。

また、七輪は焼き物だけでなく、上に鍋を置いて煮物をしたり、ホイルで食材を包んで蒸し焼きもできます。

七輪を卓上で使用したい!おすすめ七輪と室内での快適な使い方とは?

七輪を室内で使うときの注意点3つ

①机に直置きしない
…七輪は外側まで全て熱くなりますので、机にそのまま置くと机が傷つく可能性があります。木製や布製の鍋敷を下に置きましょう。


②換気を徹底する
…七輪使用時には一酸化炭素が発生しますので、換気の良いところで使用しましょう。換気扇を回した状態で換気扇の近くで使用したり、窓を開けて窓のそばで使うのが良いですよ。


③火起こし器はカセットコンロでは使わない
…熱されたガスボンベが爆発する恐れがありますので、必ずガスコンロで使用しましょう。

自宅でバーベキューする時に必要なものは?トラブルを避けて楽しむコツ

屋外でバーベキューをするときの七輪のおすすめの使用方法

屋外でバーベキューをするときの七輪のおすすめの使用方
外でバーベキューをする場合に七輪を使うという方が多いですよね。屋外向きの七輪のおすすめの種類や使い方がありますよ。

金属製の七輪はアウトドア向け

珪藻土の七輪に機能を近づけた金属製の七輪があります。珪藻土の七輪のデメリットは壊れやすく、持ち運びがしにくいところです。車で長距離の場所にキャンプに行く場合は七輪を持っていくのが心配なことがありますよね。

金属製の七輪なら、持ち運びの時に破損の心配がなく、軽いです。また、水に強いので急な雨などでも慌てる必要がありませんので、屋外では金属製の七輪もおすすめです。

食事にも寒い夜にも使える

七輪は焼くだけでなく、煮る・蒸すこともできるので、外の食事のバリエーションを豊富にすることができます。キャンプの時に使ってみたいダッチオーブンは七輪との相性が抜群ですよ。

また、珪藻土の七輪は熱効率が良く、炭が消えた後でも七輪自体の暖かさが残っている場合があります。秋のキャンプなどで夜が少し寒い場合に暖をとるのにも役立ちます。

屋外で珪藻土の七輪を使うときの注意点2つ

①消火を早く行う
…七輪の中で炭を消火すると時間かかりすぎて七輪が熱くて持って帰れないことがあります。帰る時間を考えて早めに消火しておきましょう。

②雨が当たらないところで冷ます
…夜に七輪を冷ましている間に雨が降ってきてしまうと、七輪が壊れる原因になります。屋根のあるところなどで七輪が雨に当たらないようにしましょう。

七輪は日本製を選んで!良質な能登産珪藻土を使った七輪メーカー4選

ガス火料理と七輪の違いはなに?炭火料理の仕組みについて

ガス火料理との違いはなに?炭火料理の仕組みについて
炭火料理の良さを体感するにはまず、いつも料理に使っているガス火との違いを理解しておきましょう。

例えば炭火で焼くと脂が落ちますが、この際あまりにも落ちる脂が多いと、炭火の火力が一気に上がりすぎてしまいます。
なので、肉を焼くときは脂身が多い部分よりも赤身が多い部分の方が美味しく料理出来るというわけです。

このように、違いや特徴を理解しているとより良い食材選びにも役立ちますね。

ガスと炭火はどこが違うのか

一般的に、家庭で調理をする際に使われるのはガス火だと思います。そのガス火ですが、実はガスには水素が含まれているため、加熱する過程で必ず水蒸気を発生させてしまいます。

一方炭火ですが、こちらは水素を含んでいないので、もちろん水蒸気も発生することはありません。
それに加えて炭火はガス火の4倍もの赤外線を放つため、食材を素早くカリッと焼き上げることが出来るのです。

炭火で焼くといつもより美味しい理由

炭に火をつけることによって、炭はたくさんの煙を発しますよね。その煙が食材にかかることによって、食材をさらに美味しく感じるようになるというわけです。これを燻煙効果といいます。

また、網を使って焼くことにより、肉や魚に含まれている油が網の間から落ちます。
前述したとおり炭火は水分も含まないので、余計な水分も脂も含まれない、肉汁だけが内側にぎゅっと閉じ込められた美味しい仕上がりになるのです。

七輪を使って作るおすすめ料理!食卓に合うごはん系

七輪を使って作るおすすめ料理!食卓に合うごはん系
七輪を使って作るおすすめ料理、まずは食卓に合うメニューを紹介していきます。おかずとしてなにか七輪で1品作りたい…という時や、バーベキューの肉料理の箸休めとしてもおすすめです。

そのまま焼いて美味しい!素材の味を楽しむ

七輪で焼いたしいたけ

炭火で焼いた料理はガス火で焼いた料理よりも美味しく感じるということを前述しましたが、それを最も体感できる料理がこちらです。

おすすめの素材は野菜、キノコ、そして餅!

特に餅は、七輪を持っているのなら絶対に1度は焼いてみることをおすすめします。
外側がおせんべいのようにパリパリになり、内側は柔らかいままの素敵なお餅を作ることが出来るのは炭火焼きだけです。

アルミホイルで簡単包み焼き

ホイル焼きにも挑戦してみましょう。こちらにおすすめなのは同じく野菜、キノコ、そして焼き芋や焼き栗です。
バターを敷いて、魚をベースに色々な具材を詰めてみても良いかもしれません。ホクホクの食感が味わえますよ。

注意点として、薄いアルミホイルを使用すると炭の高温に耐えきれず、溶けてしまう場合があります。ホイル焼きをする場合はバーベキュー用のアルミホイルを用意しておくと安心ですね。

七輪を使って作るおすすめ料理!お酒が進むおつまみ系

七輪を使って作るおすすめ料理!お酒が進むおつまみ系
七輪を使って作るおすすめ料理、次はお酒に合うメニューを紹介していきます。やはり炭火焼きの良さを最大限に活かせるのは肉や魚を使った料理です。その中でも更におすすめの料理を紹介していきます。

炭火の王道といえばこれ!

炭火焼きといえば、焼き鳥です。鶏肉は最も炭火焼きに合う肉だとも言われています。
肉を買ってきて竹串に刺して自作をしてもいいですし、串に刺さっている状態のものをお店でも簡単に買えるというのもいいですね。

鶏皮やねぎまなどで簡単に味変が楽しめるのもポイントです。

七輪で焼くおすすめの魚は?

魚には色々な種類がありますが、炭火焼きでおすすめなのはやはりサンマです。サンマの身と炭の香りが完璧に調和します。

しかし欠点として、煙が多く出てしまいます。煙を少なく魚料理を味わい人は、干物を焼くのもおすすめですよ。
干物は白身のものがオーソドックスですが、赤身の干物も炭火に良く合い、人気のようです。

七輪で味わう最高の贅沢

七輪で味わう最高の贅沢と言えばそう、和牛です。分厚い牛肉の塊を買ってきて、好きな厚さに切って焼いてみましょう。
口に入れれば濃厚な肉汁を味わえます。

また、牛タンやカルビなどもおすすめです。色んな部位を焼いて、味わってみましょう!
特に七輪で焼く牛タンはお店以上の美味しさなのでぜひ食べてもらいたいですね!

家での焼肉は大変…具材の選び方や調達方法・片付けは?

家での焼肉は大変…具材の選び方や調達方法・片付けは?

家で焼肉をするのは、具材選びや下準備が難しそうと思いませんか。必死に準備して家焼肉を楽しんだあとも、食器やコンロの片づけや、油が飛び跳ねたあとの掃除も億劫になります。

ファミリーで家焼肉をすると、子どもの食事に気を取られ、満足できないという大人も多いですよね。

そこで、家焼肉を楽しむための具材選びや調理方法、大人が満足できる方法についてお伝えします。

家で焼肉をするのはハードルが高い

家で焼肉をすると、匂いが部屋に残ったり床が油でヌルヌルになったりしそうですよね。しかし、しっかりとした事前準備と適切な処理で、これらの問題を解決できます。

匂いの原因は煙です。赤身の多い肉を選ぶと、匂いの元となる煙を減らせます。220℃未満なら煙を抑えられるので、低温でじっくり焼いてください。

油はねが気になるなら、机や床に新聞紙を引いて家焼肉をするのもおすすめです。新聞紙なら終わったら捨てるだけなので、片づけが簡単です。

床の油汚れは時間が経つと掃除が大変です。重曹水で拭くと油汚れは簡単に落ちるので、試してください。

子供がいると大変…ファミリー層ならではの悩みも

子どもがいると忙しくて、買い出しや肉の切り分けの下準備が大変ですよね。子どもが好きな具材ばかりだと、大人は満足しないでしょう。

焼肉店のようにいろいろな部位を少しずつ食べたくても、家焼肉で多くの種類の肉を個別で買うと、高くついてしまうこともあります。

大人も満足する具材で、多くの種類も食べたいなら、通販でお取り寄せするのがおすすめです。通販ならスーパーでは出回らない貴重な部位が手に入ります。

また食べ比べセットは、いろいろな種類を少しずつ試せます。自宅に届くので買い出しに出なくて済み、切り分けられているので、すぐに焼いて食べられます。

家で焼肉するなら、具材の種類が豊富な通販が便利で、大人も楽しめますよ。

>>【2022年最新版】通販の美味しい焼肉おすすめTOP3!!名店の味を家庭でも

焼肉お取り寄せランキング

【お肉編】家焼肉で大満足の具材3選!便利な通販も

【お肉編】家焼肉で大満足の具材3選!便利な通販も

大人も子どもも満足する家焼肉の具材を3つ挙げました。お肉の通販はとても便利なので活用してください。

子どもも大好き!焼肉といえば…カルビ

焼肉といえばカルビは外せません。柔らかくて食べやすいカルビは、子どもも大好きですよね。

カルビは牛肉の部位でバラと呼ばれる部位です。市販のタレを付けてもおいしいですが、通販なら名店のこだわり自家製タレが家で楽しめます。

本格的な焼肉を家で楽むなら…牛タン

牛タンはタン中と呼ばれる部位が一番焼肉で使われます。さっぱりした味が特長です。薄切りと厚切りの牛タンがありますが、いい牛タンで本格的な焼肉を家で楽しむなら、厚切り牛タンがおすすめです。

牛タンが含まれている焼肉セットも多いですが、もし牛タンが大好きで通販店のおすすめが知りたい方は、まい牛が実際に食べてみた40店舗以上から厳選したランキングを参考にしてくださいね。

>>牛タンの通販おすすめランキング

家焼肉の具材は通販を活用しよう!

家焼肉で本格的な具材を食べたいなら、通販を活用しましょう。

高級焼肉店でしか食べられないA4ランクの肉や、名店のタレを家で味わえます。

食べ比べセットなら貴重な部位が詰め合わせになっているので、同時に多くの種類が味わえて楽しいです。

>>【2022年最新版】通販の美味しい焼肉おすすめTOP3!!名店の味を家庭でも

焼肉お取り寄せランキング

【野菜編】肉との相性抜群!いつもの野菜がおいしくなる方法

【野菜編】肉との相性抜群!いつもの野菜がおいしくなる方法

家焼肉の具材には、野菜も欠かせません。

お肉との相性抜群の野菜を2つ挙げて、さらにおいしくする方法を紹介します。

玉ねぎは焼く前のひと手間が大切

玉ねぎは表面は焦げて、中は生という状態になりやすいです。焦がさないように弱火で焼くと時間がかかります。

玉ねぎのスライスはプレートの場所を取るので、早めに焼き終わりたいです。

下準備の際に600Wの電子レンジで1分ほど加熱すると、焼き時間の短縮になり、中まで火を通せます。もしくは水に濡らしてから焼くと、表面の焦げを防げます。

しいたけは切らずにそのまま

しいたけのうまみは、肉との相性抜群です。

しいたけを切ってから焼くと切り口からうまみの汁が逃げます。切らずにそのままの状態で、裏返してプレートに置いて焼きましょう。

じっくり焼いて、うまみの汁が浮いてきたら食べ頃です。

七輪を使えば遠赤外線効果でさらにおいしく

七輪を使えば、遠赤外線効果で具材をさらにおいしく焼き上げます。

家焼肉で七輪はハードルが高そうですが、室内で使える七輪もあります。

家焼肉を一層おいしくお店の味を味わうなら、七輪を使うのはいかがでしょうか。

七輪おすすめのまとめ

七輪まとめ
七輪は江戸時代から長く使われてきたものです。バーベキューコンロなどが普及してきていますが、最近では食材の旨味を出すのに「七輪がおすすめ」という評判が高まっています。

理由としては、遠赤外線の効果で食材の中からじっくり焼くことができたり、お手入れが楽なところです。

七輪で焼くおすすめの食材は、肉類や魚介類だけでなく、餅や芋などがあります。七輪ならではの良さを生かして、料理や余暇の幅を生かしてみてはいかがでしょうか。

七輪で焼くおすすめ料理をまとめると、素材の味を楽しみたいなら野菜、キノコ、餅。ガッツリ食べたいのなら肉や魚を使ったものがおすすめです。
特に餅と牛肉は人気が高いようですね。

この記事で紹介した食材や料理以外にも、炭火料理に適している食べ物はたくさんあります。

気になった食材をどんどん焼いてみたり、この記事で紹介した料理に自分なりのアレンジを加えてみたりして、自分なりの美味しい七輪料理を見つけてみてください。