>>今、一番売れている牛タンはこちら<<

牛タンを低温調理する方法を解説!【甘くて柔らかくなる秘訣とは】


「牛タンの低温調理のレシピを知りたい!」
「ダイエットや筋トレする際に大活躍の、低温調理を牛タンで作りたい!」

このような人の為にこの記事では、牛タンの低温調理の作り方を紹介します。

低温調理というと一件手間がかかりそうなイメージがありますが、この記事では簡単に美味しく調理する方法を紹介していきます。

牛タン低温調理する際に準備するもの


牛タンの低温調理では、下記のものを用意しましょう。

調理器具
  • 寸胴鍋
  • ジップロック
  • 低温調理器
  • フライパン
材料
  • 牛タンブロック 500g
  • 胡椒 適量
  • 塩 適量

この調理器具と材料を使って、下記で作り方を見ていきましょう。

牛タンの低温調理の手順


牛タンの低温調理の方法は、ネット上で調べても色々出てきます。
この記事では、寸胴鍋を使って牛タンを低温調理していきます。

また、時間は約10時間かかります。
なので、食べたい前日に用意しておくことをおすすめします。

1. 寸胴鍋に水を入れ、温度と時間をセットしておく

手順1として、まず始めに寸胴鍋に牛タンが浸かるぐらいの水を入れ、温度は59度、時間は10時間となるように設定しておきます。

この時におすすめなのが、低温調理器の「Anova Nano」や「BONIQ」です。

鍋の中に差し込んでおくことで、設定した水温をキープし続けてくれる機器です。

2. 牛タンブロックの表面に塩コショウをし、ジップロック等で真空にしておく

手順2として、牛タンブロックの表面に塩コショウをし、ジップロック等で真空しておきます。

牛タンを真空する際は、牛タンがすっぽり入るぐらいの容器に水を入れて、ジップロックごと水に入れます。

ジップロックの開封口ぎりぎりまで水に浸すことで、真空状態に近くなります。

3. ジップロックに入っている牛タンを、セットしておいた鍋に入れ、10時間待つ

手順3として、手順2で用意したジップロックに入っている牛タンを、温度と時間をセットしておいた鍋に入れ、10時間待ちます。

10時間というとかなりの長時間になるので、ジップロックが飛び上がらないように、洗濯バサミなどで、ジップロックを固定しておきます。

そして、定期的に牛タンの状態を確認しましょう。

4. 10時間後、ジップロックから取り出すと、塩コショウを再びふる、カットしていく

手順4では、10時間後のジップロックを鍋の水から取り出し、牛タンをジップロックから出します。

その後軽く塩コショウを振っておきましょう。
そのほうが、味がついて美味しく頂けます。

強火だと焦げ目がつきやすいので、フライパンで軽く焦げ目を付けていきます。

焦げ目を付けたら、包丁でカットしていきます。ブロック状にカットするなど、食べやすい大きさにカットしていくと良いでしょう。

カットした断面が綺麗なピンク色になっていたら、完成です!

低温調理した牛タンに合うタレを紹介!

「長時間かけて、牛タンの低温調理をしたけど、どういったタレで食べると美味しく頂けるの?」

このような疑問を持っている人もいるでしょう。
ここからは、2種類の牛タン、低温調理に合うタレを紹介します。

  • ネギ塩レモンダレ
  • わさび醤油

この2種類のタレを両方作っておいて、味の変化を楽しむのも良し、1種類の味のみで楽しむのも良し、自分の楽しめる方法で、タレを作りましょう!

ネギ塩レモンダレ

ネギ塩レモンダレは、さっぱりとレモン風味を楽しみたい人におすすめです。特にレモンは生のものを絞ると美味しさ増しますよ!

用意するもの
  • 長ネギ1/3
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • いりゴマ 小さじ1
  • 生レモン

作り方
長ネギをみじん切りにし、鶏ガラスープの素、ごま油、いりゴマ、生レモンの汁を混ぜるだけです。

牛タンに直接かけるよりも、小さ目のお皿にタレを入れて、カットした牛タンをタレに付けながら食べると美味しさ増しますよ!

わさび醤油

少し和っぽく食べたい、という人にはわさび醤油がおすすめ。
シンプルな牛タンとわさび醤油の相性が病みつきになります!

わさびのツンとした辛さと塩コショウが効いた牛タンが美味しさ増しますよ。

用意するもの
  • わさび
  • 醤油

作り方
わさびと醤油を合わせ、小皿に用意しておく。

牛タンとわさびのみでも美味しく頂けます!わさびがあまり得意ではない人は、わさびの量をへらして、牛タンの上に乗せて食べると良いですね。

牛タンを低温調理する方法のまとめ

牛タンを低温調理する方法のまとめ
牛タンの低温調理の方法について紹介してきました。

低温調理すると、ローストビーフの食感に近くなり、ブロック状にカットしておくと、シチューなどに入れても美味しく頂けます。

低温調理するには、温度と時間が大切になりますので、低温調理器で行うようにしましょう!

牛タンを低温調理しておくだけで、料理のバラエティーも広がります。

気になる人は、ぜひ本記事で紹介した方法で試して見て下さいね。