>> 今、最も売れてる牛タンはコチラ <<

牛タンのローストビーフはアレンジで大変身!牛タンの旨みを堪能しよう

牛タンのローストビーフはアレンジで大変身!牛タンの旨みを堪能しよう

ローストビーフといえば牛肉のブロックで作るものと思いがちですが、実は牛タンブロックでも作ることができます。

とは言っても、家で牛タンブロックを料理するのは大変そうだと感じる人も多いのではないでしょうか?

そこで、こちらの記事では自宅で簡単に牛タンローストビーフを作る方法や、美味しく食べるためのアレンジレシピや味付けのコツを詳しく解説します。

さらに、お取り寄せで楽しめる牛タンローストビーフもまとめているので、最後までぜひご覧ください。

牛タンローストビーフの作り方を紹介【自宅で簡単に】

牛タンローストビーフの作り方を紹介【自宅で簡単に】

まずは、自宅で牛タンローストビーフを作る方法を紹介します。フライパンを使った方法や低温調理器で作る方法、炊飯器やオーブンを使う方法もあるので、やりやすい作り方をチェックしてみてください。

牛タンローストビーフの材料

牛タンローストビーフの材料はとてもシンプルです。

材料
  • 牛タンブロック:1本
  • 塩・こしょう:適量

食材はこちらを用意すれば大丈夫。あとは、調理器具として、フライパンや鍋、オーブンなどを適宜準備してくださいね。まずは、フライパンと鍋を使って作る方法を紹介します。

フライパンを使った作り方

まずは、定番のフライパンを使った牛タンローストビーフの作り方です。

手順
  1. 牛タンブロック全体をフォークで突き刺したり、包丁の背で叩いたりします。塩・こしょうをすり込み、ラップで包んだら30分ほど常温で寝かせましょう。
  2. フライパンを熱し、(くっつきやすいフライパンの場合は、油適量を引いてから)牛タンブロックの表面を中火で焼き付けます。焼き目がついたら、取り出してアルミホイル2重で包みましょう。
  3. ジップロックに入れ、お湯を沸かした鍋に牛タンブロックを沈め、火を消して25分ほど余熱で調理します。
  4. 取り出して、牛タンブロックが自然に冷めるまで放置したら完成です。お好きな厚さにかっとして、お召し上がりください。

牛タンローストビーフを作るなら低温調理器もおすすめ

牛タンローストビーフを失敗なく家で作りたいなら、低温調理器を使用するのもおすすめです。

低温調理器とは、湯煎調理をする際に、湯の温度を適温で一定時間保ち続けてくれる器械です。お手持ちの鍋にセットし、温度や時間を指定することで、設定通りの温度をキープしてくれます。

フライパンで作る場合と同じように、焼き目をつけた牛タンブロックをホイルで包んでジップロックに入れ、鍋の中に入れましょう。

65℃×5時間半に設定して低温調理すれば、中までじっくりと火が入った、しっとりとした牛タンローストビーフが完成しますよ。

牛タンローストビーフについては、以下の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね。

牛タンを低温調理する方法を解説!【甘くて柔らかくなる秘訣とは】

炊飯器を使って手軽に作るのもおすすめ

低温調理器を持っていない、という場合は、お手軽に炊飯器の保温機能を使って作るのもおすすめ。

フライパンで作る方法の②までは同じ工程で作り、炊飯器の中にジップロックに入れた牛タンブロックを入れ、沸騰させた湯かぶる程度に注ぎます。

炊飯器を保温ボタンを押して蓋をし、そのまま40〜50分程度放置してください。取り出して冷めるまでさらに放置したら完成です。

湯の中で牛タンブロックが浮いてくるようなら、皿などをのせて沈んだ状態になるようにしてくださいね。

【2つ選べる特典付】調理もできるコンパクト炊飯器

本格的に作るなら、オーブン調理も

ここまでは、牛タンローストビーフを手軽に作る方法を解説しましたが、本格的に作りたいならオーブンを使うのもおすすめです。

ハーブや塩こしょうなどで下味をつけ、スライスした玉ねぎと赤ワインと牛タンブロックを漬け込みます。

一晩漬け込んだ牛タンブロックにフライパンで焼き色をつけ、そのあと180℃に予熱したオーブンで玉ねぎスライスと一緒に25分ほど焼き上げます。

漬け込みに使った赤ワインに、しょうゆやウスターソースを合わせて煮詰めたら、絶品の赤ワインソースができあがりますよ。

まるでお店で出てくるような本格的な牛タンローストビーフを楽しみたい人は、ぜひやってみてくださいね。中までしっかりと加熱されているかを確認してから、お召し上がりください。

動画でさらに詳しく作り方をチェック!

牛タンローストビーフの作り方は、動画で見た方がさらにわかりやすいので、以下の動画をチェックしてみましょう。

焼き加減や中の色の目安など、動画と同じようになるように仕上げてみてくださいね。

牛タンローストビーフを美味しく食べるための味付け3選

牛タンのローストビーフは和風にも洋風にも合う!好みの味はどれ?

牛タンのローストビーフは、味付け次第でいろいろなアレンジができる万能な食材です。

そこでここからは、牛タンローストビーフをさらに美味しく食べるためのおすすめの味付けを3つ紹介します。

和食にも合う醤油ベース

ローストビーフと聞くと、洋風なイメージがありますが、牛タンローストビーフは和風な醤油ベースのソースとも絶妙にマッチ!

醤油をメインとして、みりんやおろしにんにくをはじめ、わさびや柚子胡椒などいろいろな調味料をあわせることで、たくさんのバリエーションで楽しむことができますよ。

さっぱりとした和風のアレンジで、牛タンの深い味わいをより引き立たせてくれます。

高級西洋レストラン顔負けの赤ワインベース

牛タンのローストビーフは赤ワインベースでアレンジすることで、家にいることを忘れるほどのリッチな味付けに大変身します!

牛タンのローストビーフを洋風で華やかに仕立てることで、短時間で作ったとは思えないぐらい高級感が出るため、パーティーでおもてなしをするときなどに、見栄えのする一品として食卓を彩ってくれますよ。

スパイシーで美味しい黒胡椒ベース

牛タンローストビーフをピリッとスパイシーに楽しみたいなら、黒胡椒を使って味付けするのがおすすめです。

塩と黒胡椒をかけて、素材の味を生かしたシンプルな調味料で楽しむのも良し、黒胡椒やレモン、にんにくなどを合わせてガツンとした味わいに仕上げるのも良し、黒胡椒ベースと言ってもいろいろな味付け方がありますよ。

以下の記事では、牛タンの味付けとしておすすめのものをたっぷり紹介しているので、好みの味わいをぜひ探してみてください。

牛タンローストビーフの美味しい食べ方は?おすすめレシピ5選

牛タンのローストビーフをアレンジしてイベントを素敵なディナーに!

牛タンのローストビーフを使って、美味しいレシピにアレンジすることもできます。

そのまま食べるのももちろんいいですが、違った食べ方を試したいときやそのまま食べるのに飽きたときに、ぜひ参考にしてみてください。

牛タンのローストビーフサラダ

牛タンのローストビーフをサラダに合わせることで、一気に高級なサラダに変身!野菜も摂れて栄養満点なだけでなく、牛タンによってはサラダがメインになってしまうほどの存在感を与えてくれます。

オリーブオイルと塩胡椒でさっぱりいただいたり、たっぷりお好みのドレッシングをかけたりして食べるのもいいですよね。

また、さっぱりとしたたれをかけることで、カルパッチョ風に楽しむこともできます。パプリカなどカラフルな野菜を添えると、見栄えもするのでおすすめです。

牛タンのローストビーフ丼

牛タンローストビーフは、ご飯にのせてどんぶりにして楽しむのもいいですよ。リーフ野菜やパプリカ、かいわれなどを一緒にトッピングし、玉ねぎベースやしょうゆベースのご飯に合うタレをかけて食べるのがおすすめ。

ご飯と一緒に食べやすくするなら、薄めにカットするといいでしょう。また、スプーンですくって食べやすいように角切りにするのもおすすめです。

牛タンのローストビーフ寿司

牛タンのローストビーフ寿司が、作る工程も楽しいので、家族で楽しめるアレンジです。用意するものは、出汁を入れて炊いた白米、牛タンのローストビーフ、カイワレのみ!子供たちも簡単に作れるので、喜んでくれるはずです。

大根おろしや柚子胡椒を使ってたれをアレンジすると、一気に味わいに彩りが生まれ、美味しさがアップしますよ!

牛タンのローストビーフユッケ

牛タンローストビーフを細切りにし、ネギや玉ねぎスライスなどをトッピングし、甘辛いユッケだれをかければユッケ風アレンジの完成。

真ん中に卵黄を落として、とろ〜り絡めていただくと、さらに美味しく仕上がりますよ。

ビールやレモンサワーなど、お酒と一緒に食べたいおつまみに仕上がります。牛タンローストビーフならではの、しっかりとした食感も楽しんでくださいね。

牛タンのローストビーフサンド

食パンに薄切りにした牛タンローストビーフやレタス、紫玉ねぎやトマトなど、お好みの野菜を一緒にはさみ、マヨネーズとマスタードを合わせたソースをいれたら、簡単に牛タンローストビーフサンドが完成。

彩りの良い野菜を取り入れれば、カフェで出てくるようなおしゃれなサンドイッチが出来上がりますよ。食パンはそのままでもトーストしても美味しく食べられます。

牛タンのローストビーフを美味しくアレンジするための注意点とは

牛タンのローストビーフを美味しくアレンジするための注意点とは

牛タンのローストビーフを美味しくアレンジする際には、牛タン特有の注意点を知っておくことが大切です。アレンジ前に調理法をしっかり確認しましょう。

常温の状態でカットする

牛タンのローストビーフを調理した後、すぐにカットしてしまうと形が崩れてしまいうまく切ることができず、困った経験がある人もいるのでは?

実は切り方のテクニックが問題ではなく、常温の状態になってからカットすることが肝心!見た目が綺麗だと、料理がより一層美味しく感じられますね。

また、調理後は1時間ほど牛タンを包んだホイルを剥がさないことで、余熱でしっかり火が通り、しっとりとした美味しいローストビーフに仕上がりますよ。

一回分の食事で食べ切る

牛タンのローストビーフは傷みやすく、保存が難しいです。ですから、一回分の量を考えて作ることがおすすめです。

最悪の場合には食中毒に繋がってしまうことも。切って置いておくと、菌が付着する面積が増えてしまい、より食中毒の可能性を高めてしまいます。

そうならないために、食べる直前にカットするように心がけましょう。

牛タン特有の食感を消さないアレンジを

牛タンローストビーフは、牛ロースなどで作るローストビーフとは違う、食べ応えのある食感が特徴です。その食感を消さないための調理をするのが、美味しく食べるポイント。

コツとしては、焼きすぎないことや、タンの部位によって厚さを変えることです。

比較的やわらかいタン元やタン中は贅沢に厚めにカットし、タン先はかための部位なので、薄めにカットしましょう。

そうすることで、牛タンそれぞれの部位にあった食感を残して、ローストビーフを楽しむことができますよ。

牛タンローストビーフは発祥の仙台などからお取り寄せも可能!通販で人気の3品を紹介

牛タンローストビーフは発祥の仙台などからお取り寄せも可能!通販で人気の3品を紹介

ここからは、牛タンローストビーフの通販で買える人気商品を、3つ紹介します!牛タンの発祥の地でもある仙台からもお取り寄せできるので、ぜひチェックしてみましょう。

梵天食堂

じゅわっと、牛タンの味わいをダイレクトに感じることができる、牛タンローストビーフです。玉ねぎとにんにくを中心とした味付けがされていて、ソースなしでそのままでも美味しく食べられます。

そのまま食べれば牛タンの本来の味わいを楽しめて、お好みのソースを合わせればさらに美味しさが倍増!ブロックのまま届くため、自分の食べたい厚さにカットして食べることができます。

¥4,980 (2024/05/19 08:05:07時点 楽天市場調べ-詳細)

十文字屋商店

薄味仕立てで、わさび醤油やステーキソースをつけて食べると美味しい牛タンローストビーフです。160gのブロックが5つセットになっています。家族で1人1つずつ食べる場合でも、それぞれ好みの厚さにカットして食べられるのがいいですね。

冷凍状態で届きますが、完全に解凍してからカットすると切りにくいので、半解凍で切るのが推奨されています。綺麗な赤身を、ぜひご堪能ください。

牛タンローストビーフ160g×5個セット

青葉亭

本場仙台の青葉亭からお取り寄せができる、牛タンローストビーフです。届くときにはすでにスライスされているため、カット不要で食べられるので楽ちんですね。

高級感のある赤ワインソースが添付されていて、ローストビーフ丼にしてかけて食べるのがおすすめされています。赤ワインソースにオリーブオイルとレモン汁、黒胡椒を合わせて作る、カルパッチョソースのレシピも掲載されていますよ。

¥1,458 (2024/05/19 10:00:40時点 楽天市場調べ-詳細)

牛タンローストビーフを美味しく食べよう!

牛タンのローストビーフのまとめ

こちらの記事では、牛タンローストビーフの作り方や美味しく食べるための味付けの紹介、美味しいアレンジレシピを詳しく紹介しました。

さらに、通販でお取り寄せできる牛タンローストビーフについても、人気の3つを紹介したので、ぜひ気になるものがあったらお家で楽しめるプチ贅沢を楽しんでみてくださいね。

牛タンブロックを手に入れたら、じゅわっと牛タンの味を楽しめる、牛タンローストビーフを作ってみてはいかがでしょうか?