>> 今、最も売れてる牛タンはコチラ <<

牛タンハムは大人から子供まで大人気!美味しさの秘密や調理方法をご紹介

牛タンハムは大人から子供まで大人気!美味しさの秘密や調理方法をご紹介

牛タンと聞くと、「焼肉ではじめに出てくる肉!」とイメージする人が多いかもしれませんが、実は「牛タンハム」という加工品もあるのをご存じですか?

牛タンハムは、大人のお酒のおつまみにぴったりですが、それだけでなく子どもにも人気の味わいなので、家族みんなで楽しめる食品です!

こちらの記事では、通販でお取り寄せできる人気の牛タンハムを紹介し、牛タンハムの美味しい食べ方やアレンジレシピ、上手な保存方法、さらに牛タンを使って作る自家製牛タンハムの作り方まで、幅広く紹介します。

牛タンが好きな人や、牛タンハムの美味しい食べ方が知りたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

牛タンハムの人気お取り寄せ販売店3選

牛タンハムの人気お取り寄せ販売店3選

まずは、牛タンハムをお取り寄せできる通販の販売店を3つ紹介します。

どれも、楽天市場で気軽に購入することができるので、気になるものがあればチェックしてみてくださいね。

仙台 牛たん炭焼利久

牛たんの人気店である「仙台 牛たん炭焼利久」では、牛たんハムもお取り寄せすることができます。

1パック500gの商品で冷凍状態でお届けされ、6ヶ月の賞味期限があるので、すぐに食べない場合でも安心。

解凍して、お好みの厚さにスライスしたら、そのままでも焼いても美味しく食べられますよ。

「ビールのおつまみにぴったり」「利久さんの牛たん定食が大好きなので、味は保証つき!」など、口コミでも人気の高さがうかがえます。

¥1,188 (2024/05/18 21:20:18時点 楽天市場調べ-詳細)

伊豆沼農産

牛たんの風味をそのまま楽しむことができる、プレスハム形式で作られた「伊豆沼農産」の牛たんハです。

ビールと一緒に楽しめるように、ブラックペッパーをはじめとした香辛料が効いているのが特徴。

チーズやポテトなど、お酒のおつまみと一緒に盛り付けてオードブルにしたり、彩り豊かなサラダのトッピングにしたりと、楽しみ方もいろいろありますよ。

宮城旅行をしながら、新幹線でビールと一緒につまんでいるようなイメージで作られたそう。ぜひ想像しながら楽しんでみては?

牛タンの店 食べてっ亭

パックから開けたらそのまま食べられるのが、「牛タンの店 食べてっ亭」の牛タンハムスライスです。

甘めの食べやすい味が特徴で、そのまま食べるのはもちろん、サンドイッチやサラダのトッピングにもぴったり。

プレーン味のほかにレモン味があり、さっぱりと牛タンハムが楽しみたい時にはこちらもおすすめです。

通常のハムに比べると脂身が少ないのも特徴で、ダイエット中の方にもおすすめしたい食材だと言えます。

牛タンハムってどんな味?老若男女問わず愛される理由とは

牛タンハムってどんな味?老若男女問わず愛される理由とは!

普通に焼肉として食べる牛タンも美味しいですが、ハムにすることでどのような変化があるのでしょうか?

牛タンハムはちょっと贅沢したいときや、プレゼントとしてお取り寄せするケースが多く、なかなか普段食べる機会がないため、味のイメージがわかない方も多いかもしれません。

こちらでは、牛タンハムの美味しさのポイントや、どのような味わいなのかを紹介します。

ハムにすることで旨味成分が増す

「ハム」とは、一般的にもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品のことです。つまり、牛タンハムは「牛タン肉の塊を塩漬けしたもの」ということになります。

ハムに加工することで、旨味成分であるグルタミン酸の量は、なんと約50倍にも増加するとも言われています。

それが、より美味しく感じられる理由ということです。

普通のハムより食べ応えがある

ロースハムなどは、どちらかというと柔らかい食感をしていますが、牛タンハムは牛タンそのものの歯ごたえや食感が残っています。

反対に、生のままだとその歯応えの良さがちょっとかたいと感じる人も。また、歯が弱く噛み切れないという人もいるので、その場合は火を通してから食べると少しやわらかくなっておすすめです。

牛タンハムをお取り寄せしたあとの保存方法や気を付けること

牛タンハムをお取り寄せしたあとの保存方法や気を付けること

お取り寄せをしてから、未開封で冷凍保存してあれば賞味期限は6か月ほどありますが、スライスした牛タンハムは2~3日しか保ちません。

しかし、開封後、食べきれないことは多々あると思います。では、どのように保存すれば少しでも長持ちするのでしょうか?

清潔を保つ

牛タンハムを触ったり切ったりするときは、手や包丁や食器をしっかり洗って清潔にしましょう。スライスする時に雑菌が繁殖すると、傷みやすくなってしまいます。

また、冷凍した牛タンハムは自然解凍しましょう。電子レンジで解凍すると、温めている間に雑菌が繁殖し、生で食べられなくなってしまうケースもあるので注意してください。

空気に触れさせない

雑菌の繁殖や冷凍焼けを防ぐため、空気になるべく触れないように冷凍しましょう。ラップに包んでからジップロックに入れる方法は手軽でなおかつ空気に触れにくくしてくれます。

さらに美味しさを維持させたい場合は、ストローを差し込み口で空気を吸い出す方法や、水を張ったお鍋の中に入れて水圧を利用する方法をやってみましょう。より真空状態に近付けられます。

低温で急速に冷凍する

牛タンハムを常温から冷凍するときは、冷凍庫の中に入れる前に冷蔵室でギリギリまで温度を下げ、保冷剤や熱伝導の良い金属を使い、急速に冷凍保存すると鮮度を保ったまま保存できておすすめです。

常温から冷凍する時、ハムの中にある水分が凍って細胞を怖し、解凍した際に水分と旨味が一緒に抜けてしまいます。

-1℃から-5℃の状態が一番劣化を進めてしまうので、この時間をなるべく短くして、早く低温の状態にする必要があることを覚えておきましょう。

牛タンハムをさらに美味しくする食べ方!おすすめレシピ5選

牛タンハムをさらに美味しくする食べ方!おすすめレシピ5選

牛タンハムをお取り寄せしたら、まず最初は生で食べて、そのものの美味しさを味わうのがおすすめだと説明しました。

しかし、牛タンハムを料理に入れるのも、美味しいのでとてもおすすめ!そもそも、1〜2人で食べるには量が多く残ってしまいがちなので、いろいろな牛タンハムアレンジレシピを楽しむといいですよ。

超簡単!サラダにトッピング

料理とはちょっと違うかもしれませんが、サラダのトッピングとして牛タンハムを細かく切って散りばめてみましょう。

レタスやキャベツなどの野菜と一緒に食べると、さっぱりと楽しむことができます旨味の強い牛タンハムは、あっさりとしたみずみずしい野菜との相性抜群です!

また、ポテトサラダの具材に牛タンハムを入れるのもおすすめ。1cm角のさいの目切りにして、ポテトサラダに和えれば、牛タンハムの存在感もしっかり感じられるおつまみにぴったりなポテトサラダができます。

パンに挟んでサンドイッチ

牛タンハムをパンに挟んで、ハムサンドを作るのもいいですね。牛タンハムは子どもにも大人気なので、お弁当に入れるのもおすすめです。

生のまま挟んでもいいですし、ちょっと手間がかかりますが、軽く焼いてから挟むのも香ばしくなって美味しいですよ!

また、牛タンハムサンドなら、「キムチマヨわさオープンサンド」も食べてみてほしいレシピの1つです。

パンをスライスし、マヨネーズとわさびを混ぜたものを塗ります。その上にスライスした牛タンハムを乗せ、その上からキムチを乗せたら完成です。

意外かもしれませんが、キムチとわさびの辛み、マヨネーズのまろやかさ、牛タンハムのうま味が絶妙にマッチします。

旨味たっぷりで炒飯の具材にも◎

お昼ごはんに炒飯を作るという人は、具材に牛タンハムを入れてみてはいかがでしょうか?

ロースハムなどに比べて、牛タンハムは塩味や旨味が強いものが多いので、炒飯全体に旨味をプラスしてくれます。

また、食感もしっかりしているので、角切りにして入れることで、チャーシューを使ったような本格的な味わいが楽しめるのがおすすめポイントです。

さっぱり食べられる牛タンハムマリネ

焼肉で牛タンを食べる時、レモン汁で食べる人が多いように、牛タンハムもレモン汁や酢でさっぱりと食べるのに適しています。

そのため、玉ねぎスライスやきゅうりの細切りなどと牛タンハムを、酢やレモン汁で和えるマリネもおすすめの食べ方の1つです。

牛タンハムにはペッパーの効いた味わいのものも多く、それもマリネの味わいにマッチしますよ。

食べ応え抜群な牛タンハムカツ

牛タンハムをステーキのように厚切りにし、パン粉をまぶして油で揚げたら、ボリューム満点な牛タンハムカツの完成!

自宅にいながら、お店屋さんで食べるようなごちそうが作れるのでおすすめです。

牛タンハムはそもそも生でも食べられるので、揚げすぎないのが美味しく仕上げるポイント。

外をカリッと高温で揚げれば、外はさくさく、中はやわらかな牛タンハムカツが出来上がりますよ。

牛タンを使って自家製牛タンハムが作れる!上手な作り方を紹介

牛タンを使って自家製牛タンハムが作れる!上手な作り方を紹介

ここまでは、お取り寄せの牛タンハムを美味しく食べる方法や、アレンジレシピを紹介してきましたが、せっかくなら牛タンを使って自分で牛タンハムを作ってみるのもおすすめです。基本の材料や作り方を紹介します。

材料

牛タン…お好みの量

【ソミュール液の材料】

  • 水…500ml
  • 塩…45g
  • 三温糖…10g
  • ブラックペッパー(ホール)…約10粒
  • 玉ねぎ…1個
  • にんじん…1本
  • セロリ…1本
  • にんにく…2個

作り方

手順
  1. ソミュール液の野菜を、適当な大きさにカットします。水、塩、三温糖、ブラックペッパーを大きな鍋に入れ沸騰させ、カットした野菜を入れます。
  2. 再度沸騰したら火を止め、ソミュール液を冷まします。冷めたら、牛タンを入れ、冷蔵庫で1〜3日ほどじっくりと漬け込みます。
  3. 1〜3日ほど漬け込んだら、ソミュール液から牛タンを取り出し、流水で液を軽く洗い流しましょう。
  4. 牛タンの水気を軽く拭き取り、型崩れしないように紐で結びます。
  5. 50分ほど蒸し器で蒸せば完成です。

ソミュール液は、塩をベースにした漬け込み液のことで、浸透圧の関係で食材の水分を抜きながら、味付けをするものです。

生臭さを取り除いたり、食材を脱水したりする効果があります。

手作りした自家製の牛タンハムは、時間がかかる分出来上がった時の喜びは相当なものでしょう。

ぜひ、自分好みの味わいを見つけて、最高の牛タンハム作りをマスターしてみてはいかがでしょうか?

牛タンハムのまとめ

牛タンハムのまとめ

こちらの記事では、牛タンハムの人気お取り寄せ販売店の紹介や、美味しい食べ方やアレンジレシピ、上手な保存方法から自家製牛タンハムの作り方まで幅広い情報を解説しました。

牛タンをハム加工にすることで、旨味がさらにプラスされ、より一層美味しく食べることができる牛タンハム。

通販でのお取り寄せで、美味しい人気の牛タンハムを購入することができるので、ぜひプチ贅沢を味わいたい時などに試してみてはいかがでしょうか?